政治の混乱は経済に良いわけない

 タイの政治が混乱している。
タイは個人的に好きな国であり、早く平和が戻って欲しいと願うばかりである。

 ところで政治の混乱は、経済にとっても良いはずがない。
先日3月末のInvestors Trustの各ファンドの運用状況が出たが、直近3ヶ月の運用が10%を肥えているのはFranklin TempletionのThailandだけである。(ちなみに8%以上のパフォーマンスのものは複数ります)
これを年率換算にすると40%超という数字になり結構な数字だが、直近1年のパフォーマンスは106%となっており、最近の復活振りがうかがえる。(他にもLatin America・Eastern Europe・Indiaなども100%を超えています)

 混乱が長期化すれば当然この数字は下降する。ファンドを持っている方にとっては辛いところだろう。
ただ、一本調子の右肩上がりがあるはずはない。と考えると下がれば「買い」のチャンス到来である。
 因みにInvestors Trustなら、ファンドの変更はインターネットで可能なので、こんな場合は「ちょっと避難」して、下がったところでもう一度(買い)戻せば良いので便利。(書面でのやり取りではないので早いということ・・・少し宣伝です)

 為念で申し上げておきますが、これあくまでも投資に限って個人的な意見を述べているものであり、政治的な意図は全くありません。
そして今回タイでの取材中に不幸に遭われた村本さんには、心より御冥福をお祈り申し上げます。

 もう一点。
ばば こういちさんの訃報もあった。
あの方もジャーナリストとして権力に屈せず、勇気を持って権力に対抗された。
10年くらい前になるだろうか。当時住まわれていた六本木の御自宅で、色々と教えをいただいたのが懐かしく思い出される。
御冥福をお祈りします。

このブログ記事について

このページは、ファイナンシャルコンサルタント 西村事務所が2010年4月13日 08:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Investors Trustの広告が掲載されましたね」です。

次のブログ記事は「投信の残高も増えているようですね。やはり環境は好転している。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ