朝鮮半島の不安定は日本に悪影響・・間違いない

 4月24日 朝は寒いが天気は良い。日中は暖かくなりそうだ。でもまだストーブは必要。

 3月に発生した韓国軍の哨戒艦沈没事故は北の人間魚雷が原因との見方が強まっており、朝鮮半島情勢は予断を許さない状態。
 これからどうなるかは勿論不明だが、もしかすると本格的に米軍の出番が来るかもしれない。そうなると沖縄の基地が最前線となり、その重要性が再認識される。基地問題、このまま揺れていて良いのだろうか?

 以前北朝鮮がミサイル発射実験(衛星打ち上げ?じゃないですよね)を行った際、あっという間に日本から資金が逃避した。
 このまま朝鮮半島の緊張が高まれば最近買いこしの外国人投資家の資金がまた逃げてしまうだろう。よし、一旦手持ち株は売却しておこう。

 しかし日本は「自分を守る」ということをどう考えているのでしょう?どこかの党のように、呪文のようにただ「戦争反対」を唱えても平和にはなりません。米軍基地を海外にというならそれも一つでしょう。しかしそうした場合、他国からの侵略をどう防衛するのかを考え備えるのも政治の役目だと思います。米軍に撤退頂き自衛隊の戦力アップ。国際法上も、自衛の為の武力行使は認められていると思いますが・・・
 そう言えば自衛隊法上「自衛隊の最高指揮監督権は内閣総理大臣が有する」となっています。自国防衛のために自衛隊の発動が必要となった場合、現内閣総理大臣はどんな判断をすると思いますか?「皆でよく話し合ってから」指揮する。きっとそうだと思います。(笑えないですね)
だとすると、「資産の逃避」だけではなく「自身の逃避ルート」も準備しておく必要があるでしょうか。

 郵便貯金などの横領額が2009年度で20億円超、コンプライアンス違反も1,000件超と発表があった。
「こんな体制で限度額を引き上げてよいのか?」という疑問を提起する記事のようですが、何か意図がある気がしますね。

 発表されたギリシャの財政赤字は想定したものよりも悪かったようです。GDP比で財政赤字が13.6%、政府債務残高が115%。
 大変ですね。でも日本国財政よりは良い気がします。規模も日本よりはずっと小さいですし。日本の財政危機はIMFもサジを投げるでしょう。
 そう言えば、最近人気の投資信託は高利回り債券を組み込んだものと聞く。購入時にギリシャ国債は入ってないか確認していますか?ギリシャだけでなく、どんなものが入っているかをきちんと確認しないとダメですよ。今は自己責任の時代ですから。

 私の周りにも「局は安心」や「大手の営業マンの言うことだから大丈夫」神話をお持ちの方がいらっしゃいます。しかし売ってる本人は「売ってなんぼ」だったり、そもそも当人も内容が良く分かっていない場合があります。本当に。アルゼンチンで痛い目に遭ったのは遠い過去ではありません。くれぐれも御注意を。

このブログ記事について

このページは、ファイナンシャルコンサルタント 西村事務所が2010年4月24日 12:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「外国人の日本債券離れは事実です」です。

次のブログ記事は「ギリシャ問題は一筋縄では・・・・なかなか困難のようですね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ