2010年6月アーカイブ

今日は改正貸金業法完全施行日

 6月18日 金曜日 雨 
 天気予報を見ると、一週間雨模様。梅雨本番ですね。ただ、昨年の豪雨では大きな被害がありました。今年はそこまで行かないようにと願います。(降るときは降らないと、それはそれで困りますので)

 国会が閉幕して7月の参院選が本格化。いよいよ消費税議論も熱を帯びそうな雰囲気です。10%という数字が出ていますので、そうなると現状比2倍です。3%から5%になったときも、駆け込み需要があったと思います。ただでさえ固い財布の紐も、消費税上げ前には緩むと思います。今回も消費税特需(?)がありそうなので、高額品は早めに注文しておいた方が良いかな。ということで、私も車を買おうかと思います。ディーラーの方が見ていたら連絡下さい。検討します。(ただ検討だけかもしれません。その際にはご容赦ください)

 日銀が「家計の金融資産が3月末時点で1,452兆円だった」と発表しました。併せて国や地方の負債は1,001兆円超で、初めて1,000兆円を上回ったと公式に発表しました。本当に日本国財政にあまり余裕はありません。財政不安が報じられたスペインの国債利回りは一月で1%アップと急騰しているようです。これが日本国債の将来かな?この程度ではないかもしれません。
 でも現状地方債の利回りは低下傾向にあるようです。原因は運用先に困った金融機関が購入しているようで、それなら私に運転資金として融資して欲しいものです。
 そう言えば貸金業法も今日から施行。困る方もいらっしゃるでしょう。あるコラムには「今後主婦売春が増えるだろう」とありました。素直に納得してしまいました。

 最近中国でのスト記事を目にするようになりました。中国経済の強さの要因は「安価な労働力」でしたが、これはもう過去の話ですね。投資先は中国から東南アジアと南米に移行しましょう。アフリカへの本格投資はまだ少し早いと思います。あ、少しずつ始めるのは勿論OKです。

金の流出は国家の衰退?それは怖いですね

 6月10日 木曜日 すっかり「夏」になりましたね。もうそろそろ梅雨に入るでしょう。季節はきちんと廻らないと、それはそれで色々と厄介です。
 AFPに「世界の広い地域でヘビが激減、気候変動が原因か」という記事がありました。「ここにも温暖化の影響が・・・」という感じです。単純にヘビの数だけでなく、結局は食物連鎖にも影響するでしょう。「一人ひとりができることからこつこつと」という感じでしょうか。(と言いながら、本日とうとうエアコンの電源を入れてしまいました)

 (かなり時間が経ちましたが)とうとう鳩山さんが首相を辞任しました。色々と思うところはありましたが、個人的には「民社党が政権離脱して、リーダーシップを発揮。いよいよこれから支持率もV字回復」と思っていたので残念です。(そうはなりませんでしたが)
 それにしても思うのは、「支持率低下に伴う党首批判」です。「自分たちが選んだ党首なんだから、もっと大切にしろよ」と思います。鳩山さんの性格等は長い付き合いの中で当然分かっていたはず。その上で党首に指名したのだから、少々の失策は全力でフォローして欲しいものです。ま、サルは落ちてもサルだけど、議員は選挙に落ちたら・・・ですからね。
 で、管さんが党首になりましたが、ただ人が変わっただけで支持率急回復。もう少し様子を見た方が良いんじゃないでしょうか?期待が大きいと失望も大きくなりますから。
 それともう一つ。新閣僚が決まったが、その途端に政治資金問題が出る。これもどうなんでしょう。もしかすると、国会議員の殆どが経費をごまかしているんじゃないの?と思ってしまいます。「やばい事をしてるならバレて苦労するのは自分でしょ。閣僚にならなきゃいいじゃない」

 昨年度は銀行で販売される年金は「変額」のものではなく「定額」のものがよく売れたそうですね。確かにギリシャ問題もあって市場はガタガタです。(昨年度にギリシャ問題は関係ありませんが)こんな状態だと届けられる運用実績が憎らしくなるかもしれません。だから「定額」が安心と思うかもしれませんが、「定額」は「インフレ」に勝てません。私の持論は「絶対変額」です。(あくまでも持論ですから・・・為念)
 でもいつまでたっても「インフレ」になりません。インフレを前提にして抱えた借金が、デフレで重く圧し掛かっています。本当にインフレは来るのやら?

 金の海外流出量が過去最高だそうですね。安く買ったんだったら高く売るのは正しい行動でしょうが、これがもしも「日本の国力の低下」だったら困ったものです。やっぱり少しは持っておこうか。でも先立つものが・・・・これもいつものことです。

そろそろ落ち着くかな。そろそろね。

 5月30日 日曜日 やっと「初夏」の雰囲気か
 今日は地元の「溝歩進」(こんな字ですっけ?)だった。朝から清掃すると気持ち良いですね。

 米軍普天間基地問題の決着は「福島罷免」で一つの決着なのか。鳩山首相についてはマスコミでは色々と言われているが、個人的には「これもリーダーシップ」と思う。今後はふらふらせずにどうか積極的に英断をお願いしたい。総理大臣なんだから。
 26日のAFPに、「北朝鮮の潜水艦が基地から出向した後所在が不明」という記事があった。もしかすると北朝鮮潜水艦は、次は日本の船を狙っているかもしれない。朝鮮半島の今は戦闘前状態。非常事態を目前にして自衛隊の最高指揮官が「辞める」なんて言わないでね。ここで更に強いリーダーシップを発揮すれば参院選も上手く乗り切れるかもよ。

 EU問題は銀行破たんに備えた基金の創設等で落ち着いてきたように思える。この一カ月で世界の時価総額の630兆円が消えたということなので、上手く回避できた方はチャンス到来。でもまだ不安が払しょくされたわけではないけれど。
 ところでギリシャは今後もEUに留まるのだろうか?ギリシャが存在していると、ユーロの信頼回復は遠い気がする。ここは一つ「全体のためならトカゲのしっぽ(と言っては失礼だが)も止む無し」の決断が出来ませんでしょうか?そして延いてはそれがギリシャ復活のためにもなると思うのだが。
 もしもそうなると、絶好のギリシャツアーのチャンスですよ。(不穏当ながら)きっと。

このアーカイブについて

このページには、2010年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年5月です。

次のアーカイブは2010年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ