2012年11月アーカイブ

 折角のデビューだったのに、野田首相の「16日解散」で影の薄かった小沢代表。「野田首相が今の座にいられるのも、3年前のマニフェストに国民が期待を寄せた結果だ」と、マニフェスト違反を批判した。おっしゃる通り。
 しかし思い出してみると、昔の民主党では「消費税増税」は主張されていたはずで、それを自身が代表になった途端に下ろし、そして大衆に迎合する公約を掲げる事によって政権の座に就けたのではなかったか。
 「マニフェスト違反」を批判する前に、「私も民主党役員としても、できもしない公約を掲げて国民を欺いた」と反省の一言でも述べたらどうか。

次回は「大敗」なんだから、少しでも早い方が「傷は浅い」と思うんだけど

 「解散は首相の専権事項である」こう言っている民主党の方ではなかっただろうか?年内解散が本格的になると、今度はそれを止めようと躍起だ。
 鹿野道彦副代表「今は危局だ」・・・何が危局何でしょう?民主党の居座りによって国家に様々な危険が迫っているのですから、早々に解散して下さい。
 中山義活元経済産業政務官にいたっては「首相が自ら身を引くことも含めて、もう一度踏ん張る力を結集しなければならない」と、公然と"野田降ろし"を宣言した。・・・首相はどの党の代表ですか?「前回の代表選挙で自分は彼に投票していない」なんて言い訳は通じませんよ。
 荒井聡元国家戦略担当相「政府は被災者の復興が一番大事だと言っている。(解散すれば)ウソをつくことになる」と言い放った。・・・子ども手当・ガソリン税廃止・高速道路無料化等などなど一番ウソをついているのは民主党でしょう。
 とにかく「保身」しか考えない皆さんには早々に退場をお願いしたい。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121114/plc12111400340000-n2.htm

拉致と決断 その2

 拉致と決断の中に「北朝鮮では食べられるものが捨てられることなどない。腐りかけた豚肉でさえ、重装を入れて煮れば大丈夫だと言っていた。料理の過程で出てくる生ごみも徹底的に利用される。比して金持ち日本は農地と食べ物を捨てている。これは国際的に見たら「罪悪」と言うに値するだろう。」といった部分がある。
 「そうだよな~ 世界には飢えて、そして死んでいく人々がいるんだよな~」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121109-00000543-san-soci

拉致と決断

「拉致と決断」を読んだ。
http://www.amazon.co.jp/%E6%8B%89%E8%87%B4%E3%81%A8%E6%B1%BA%E6%96%AD-%E8%93%AE%E6%B1%A0-%E8%96%AB/dp/4103165324/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1352331511&sr=1-1

 一般に我々は報道でしか北朝鮮の様子は知りえないし、進んで行こうとはとても思わない。そんな中、自らが決して望んだわけでは無いのに、24年間かの地で過ごした体験談は非常に興味深いものであった。
 冒頭部分に「私が一番悔しかったのは、人生の幸せを追い求める目自由を奪われてしまったことだった」とある。以前から憲法改正は言われているが、現行憲法でも13条に「生命、自由及び幸福追求に対する権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」と定められている。

 北朝鮮による日本人拉致は紛れもない事実であり、現在も拉致されたままの日本国民がいる事は間違いない。であるから、日本国政府は取りうるべきあらゆる手段を速やかに講じて拉致被害者を救出すべきである。と、言っても現内閣にそれを望む事は空しいだけか。(泣)
 もしかすると田中真紀子さんは、野田内閣が早期に倒れるように暴れているのであろうか?だとすると、あの人は良い人かも。(そんなわけ無いか)

拉致と決断

「拉致と決断」を読んだ。
http://www.amazon.co.jp/%E6%8B%89%E8%87%B4%E3%81%A8%E6%B1%BA%E6%96%AD-%E8%93%AE%E6%B1%A0-%E8%96%AB/dp/4103165324/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1352331511&sr=1-1

 一般に我々は報道でしか北朝鮮の様子は知りえないし、進んで行こうとはとても思わない。そんな中、自らが決して望んだわけでは無いのに、24年間かの地で過ごした体験談は非常に興味深いものであった。
 冒頭部分に「私が一番悔しかったのは、人生の幸せを追い求める目自由を奪われてしまったことだった」とある。以前から憲法改正は言われているが、現行憲法でも13条に「生命、自由及び幸福追求に対する権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」と定められている。

 北朝鮮による日本人拉致は紛れもない事実であり、現在も拉致されたままの日本国民がいる事は間違いない。であるから、日本国政府は取りうるべきあらゆる手段を速やかに講じて拉致被害者を救出すべきである。と、言っても現内閣にそれを望む事は空しいだけか。(泣)
 もしかすると田中真紀子さんは、野田内閣が早期に倒れるように暴れているのであろうか?だとすると、あの人は良い人かも。(そんなわけ無いか)

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年8月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ