2015年1月アーカイブ

1月7日

・私事であるが、中学3年生の娘は本日から登校の様である。小学生の息子は未だ冬休み。
・原油安はつまりガソリン安でもあり、燃費の良くない車を使用している身にとってはありがたいことである。しかし日経平均は525円安と混乱している。ここにギリシャ不安。方向性が掴めない。いっそもっと下がって買いが入れられれば良い。NISA分だけでも。
・今年発表予定の安倍首相の戦後70年首相談話に対してコメント。余計なお世話だ。米国におかれては民間人を大量虐殺した反省の弁でも述べられたらどうか。
・円高で企業の生産拠点は多く海外へ行った。それが円安で回帰。国内り済には絶対プラス。日本の「ものづくり」のい復活を期待する。
・明治時代の迎賓館を復元すると。単なる「思いつき」でなければ良と思うのはワシだけ?しかも赤坂離宮は「ベルサイユ宮殿のまがいもの、まねごとだ」と切って捨てる舛添知事。元気だね。あまり走りすぎて足元をすくわれないようにご注意あれ。あ、大きなお世話か。

1月6日

・ギリシャはどうなるだろう?西ドイツは見放したみたいだし、ギリシャ国民も財政緊縮には「NO」の反応を示しそう。これがユーロ安となり欧州の景気にプラスか。いやいやEU崩壊への序章でしょう。そもそも無理だったEU。早く解体した方が傷は浅いかも。それでも相応の混乱はあるだろう。欧州混乱で日本経済も不透明になるか。それとも強く立ち上がるか。
・日本には「四季」がある。どの季節に併せて家を造るかは大切である。日本では昔から「夏」に基準を置いた家が造られてきた。だから寒い。なるほど。

1月4日

・現在自民党総裁の人気は2期6年だが、これを3期9年にする案が出ているって?(自民党が政権与党の前提で)日本の総理大臣ってのは毎年交代するんだろ。だったら任期が何期だろうが何年だろうが関係ない。
 地方議員や首長など通常任期は4年ってのが多いと思うので、いっその事それに併せたら?と思う。しかし「政治の安定」は様々な面で大切。そこがしっかりする事が一番。
・JA全中が任意団体に。本当になるかな?もしもそうなったなら、JA全体の力も落ちたものだ。それによって個々の農家は経営が自由になる。それはつまり、より経営が大切になるという事。これからの農業、更に知恵を使った経営が必要となる。どの世界もいくつになっても「学び」じゃね。
・ウクライナの経済が深刻。デフォルト懸念強まる。ギリシャと共にここも今年の世界経済の重荷か。そもそもはロシアが悪いと思うんだけど・・・・これがこれからの投資環境にどう影響するか。

1月2日

・来年度は新規国債発行額が37兆円台となる見通し。決して少ないとは言えない額だが、以前に比べるとかなり減った。大変結構なこと。
・いよいよ相続税が増税さた。実際に納税されるのは少し先だが、国庫は豊かになるでしょうか?