2017年10月アーカイブ

かいせんは近い

 衆院選が終った。中国の党大会も終った。米国や韓国の大統領も就任して間が無い。すると北朝鮮だけが少し長いということ。だから北朝鮮の改選も近い。(但し日中同様現トップがそのままの可能性もあるよ)

 非公式とは言え、米高官から「韓国から個人資金移動を勧める」との指摘があるのは・・・開戦は近い。

 

10月3日

 小池さん「過半数」を目指すの?だとしたら希望の質は低下して早晩見限られる。そして彼女は終るか?いやいや、そこはちゃんと考えているだろう。負けた原因を前原さんに押し付けて自身は知らん顔。今回一番の貧乏くじは前原さん。あまり思い悩まぬ様に。

 反対に前原さんに切られた人々を救おうと立ち上がった枝野さんはヒーロー。彼は弁護士だし、民進党の財産分与を求めて法廷で泥沼か?

 いよいよ「つみたてNISA」の口座開設が始まった。大きく言えば日本経済の復活の始まりになるか?企業が収益を求めていたらダメよ。

10月2日(月)

 話題を呼んだ新党「希望の党」だが、もう賞味切れの感がある。民進党の一部を合流させる手段が合流できないメンバーからの反発を買い、彼らから怨み辛みでどろどろに。この流れのままなら自民党に追い風になりそうだ。しかし少し先に何があるか分からないのが現実。ただ、結局希望の勢いは大した事はなくなったので、小池さんは大人しく都政に専念する。と思う。

 情けないのは民進党、と言うより前原代表。これなら民進党で衆院選を戦い、負けて責任を取って辞任して保守はを引き連れて希望に合流、民進党は完全な左派勢力へとなった方が美しかったのではないだろうか。

9月30日(土)

 小池さん、衆院選出るのかな?いや〜、投げ出し批判が続出するから出ないだろう。というのが私の見立て。しかし首相の椅子への執着心はかなり強そうだ。

 それにしても民進党議員たち、特に「安保法案廃案」と声高に叫んでいた方々は一体どうするのだろう?蓮舫さん、参院だから今回の選挙は関係ないが、国会前に行って大声で叫んでいましたね。であれば当然希望からは袖。しかし考えてみれば彼女も勘が良いね。もしも未だに党首で「衆院鞍替え」って言ってたら、議席を失う可能性が大だったかもしれないわけだから。

 頼りにしていた野田さんも希望には合流しない様なので、一緒に新民進党を立ち上げるか?いや、今の民進党を解党せずにそのまま残る方が良いだろう。150億もの政党助成金、希望なんかに渡してたまるか。すると困るのは前原さん。小池さんに怒られるぞ〜。「希望の公認代、13億って話しだったわよね。100億はあるって言うから30人くらい公認しても良いって思ってたんだけど、持ってこれない?あんたガキの使いじゃないんだから何とかしなさいよ」って。