6月21日 木曜日 - TONYの独り言

・米は金融引き締めに走り欧州も年内には量的緩和を終了させる。それに伴いアジアでは自国通貨安防止で利上げ検討。日本だけが蚊帳の外。期待した円安も110円で足踏み状態。

6月20日 水曜日  - TONYの独り言

・確定拠出年金導入企業、今年3月末で3万社を突破。この運用先に日本株が選ばれればいよいよ日本株の上昇も本格化する。大いに期待。しかし米の利上げで株式市場は全体的に軟調。ま、長い目で見るへ゛し。

・しかし単身世帯では貯蓄0が4割。この方々の将来をどうするか。

6月5日 火曜日 - TONYの独り言

 金融庁、島根銀行に業務改善命令。内容は「収益構造の改善」。全体的に地価も安く人口も減少傾向。相続の問題や運用にも無関心。仕事にならないと同県西部在住の方に聞いたことがある。山口県も「明日は我が身」か。

 SBIも仮想通貨交換に参入。4日から業務開始となっていたが、現時点では先行予約者のみの対応。同社の参加で交換手数料の下げに拍車がかかるかな。

6月1日 金曜日 - TONYの独り言

 今日から6月。場所によっては「既に」だろうが、そろそろ蛍の季節。しかし近辺では見る事は無い。発展と引き換えに失うもの。

 トヨタ自動車と言えば年間2兆円の利益を出す優良企業。しかしアップルは約5兆円とその差は大きい。そして時価総額も4倍超。日経平均の上昇には対象企業の時価総額増加もありだな。

 110円の声を聞いて少し微笑んだ円相場だが、またもや108円台に逆戻り。原因はイタリアの混乱かな。イタリアはギリシャの比ではない。イタリア国内で問題が片付けば良いが、ユーロの世界ではそうは行かない。不適当と思いつつ「戦争が必要なのかな」と考えてします。

5月25日 金曜日 - TONYの独り言

・飯島内閣参与が早期解散を促す。モリカケ問題で国民の不信を招いているような報道もあるが、かと言って野党は全く支持が無い。総選挙をすれば勝てるだろう。しかしもう少し待っても良いと思う。米朝会談はどうなる。まだ風は首相にフォローだと思う。

・パートの時給が1,100円か。ま、山口ではそうはいっていまいが。

5月24日 木曜日 - TONYの独り言

 カケ問題で愛媛県から「2015年2月に理事長から総理に獣医学部新設の話があった」旨の資料が提出された。だったらどうだっていうの?そもそも問題は文科省の通達によって獣医学部新設が拒まれてきた事実。それに穴が開いたことを賞賛すべきではないか。獣医師会側の人間、特に陳情を受けて新設反対に加担してきた面々はどうなんだ。

 ゴールドマン・サックスがビットコインのトレーディング業務を開始する。ビットコイン自体はその地位を確実に固めているようだ。

 ドル相場が110円まで戻ったがそのまま足踏み状態。もう少し常に動いてくれると嬉しいのだけど。

 QRコードの規格が3メガバンクによって統一される。益々cashlessが進む時代になる。しかしスマホを持っていないと不便な世の中でもある。ガラケーはどうなんだろう?

5月22日 月曜日 - TONYの独り言

 「中国が個人の自動車自動運転都市を造る。広さは東京都並み。総投資額は35兆円程度」流石にでかい国だけある。そして一党独裁だけある。日本も専制君主ならもっと早く国づくりが動くのに。もりかけで政権の足を引っ張る事に懸命な政治家にはうんざりしている。

 今度はモナコインが消えた。ブロックチェーン技術の抜け穴を狙われたというが、果たして。夢の技術にも落とし穴があるのか?

 三菱UFJがブロックチェーン技術を使った決済処理を開発。結構な開発費がかかっている模様。このシステムを多数の地銀に売却するのか。健全(?)なブロックチェーンの広がりはインターネット程の革新を呼ぶかな。

5月21日 月曜日 - TONYの独り言

・米国とイランの問題で中東の緊張感が高まる。それに伴って原油価格が上昇。シェールオイルも元気。ロシアを助けるだけじゃなく、トランプ大統領のやはり本陣は米国内経済?

・イランではイランリアルが急落して外国製品が急騰。ベネズエラでは170万人の国民が海外流出。悲惨だ。

・米国金利上昇は新興国からの資金逃避を招いている。お蔭で手持ちのファンドは全く上がらない。インドなんか悲惨な状態が続いている。

・新元号の公表は改元の一月前にする。混乱回避の為西暦表示に統一するところも出ている。しかし西暦が世界標準ってわけでもなかろう。だったら皇紀に統一しよう。それが愛国心を育てる。

・来年火災保険が5%上がるかも。 

5月15日 水曜日 - TONYの独り言

 来年の消費税増税後に対応策か。本当に増税する気か。まあ8→10なら2%。内税にすれば消費者には分からない。かも。しかし増税延期を問う総選挙。憲法改正への安定政権を狙うなら有効手段と思う。財務省もガタガタだし。

 サントリーが響17年と白州12年の販売休止を決定。2011年販売の山崎50年。販売額が100万円。それが今年1月香港のオークションで3250万円で落札された。買っときゃ・・・ってそんな金は無い。

5月14日 月曜日 - TONYの独り言

・米国投資会社がISDS条項に基づいて韓国政府に対して6億7千万ドルの損害賠償を要求。ロシアならはねのけると思うが、韓国はどうなる?日本も対岸の火事では済まなくなる日がそう遠くない気がする。

・世界的にICOが増加。IPOは色々と面倒。だったらICOが流行るのは当然。しかし詐欺は横行する。如何に投資家を保護するかが課題。しかし規制を強化すると・・・難しい問題。